web 2008 導入 (38) ScrewTurn Wiki

ScrewTurn Wiki – Free ASP.NET Wiki Software – ScrewTurn Software

 

  • Site-Only Package
  • WebSetup Package
  • Source Package
  • Desktop Edition

と四種類ありますが、Site-Only Package をダウンロード。

ScrewTurnWiki-2.0.36.zip を手元で解凍。

web.config を編集。

変更前

<add key="MasterPassword" value="password"/>

 

変更後

<add key="MasterPassword" value="xxxxxxxx"/>

 

FTP でファイルをアップロード。

物理と仮想のマッピング

/wiki を統合モードのアプリにする

おめでとうございます。インストール完了です。

 

 

Administration を開くとシステム エラーになります。

ScrewTurn Software • View topic – System error on Admin.aspx

これが回避策のようです。

public\Config.cs ファイルに DisableAutomaticVersionCheck = Yes を追記して

pool_xtest3_i を Stop して Start

おめでとうございます。管理用ページも利用可能です。

web 2008 導入 (37) BugTracker.NET

BugTracker.NET Home – Free Bug Tracking

 

btnet_3_1_8.zip をダウンロード。

手元で解凍。

DB を新規作成。

web.config を書き換え。

<add key="ConnectionString" value="server=(local)\SQLEXPRESS;database=btnet;user id=sa;password=x;Trusted_Connection=no"/>

変更前

<add key="ConnectionString" value="server=mssql2008; database=DB_xtest3_bug_tracker; Trusted_Connection=yes; "/>

変更後

 

.aspx や web.config 等全部を FTP で /webapps/btnet へアップロード。

物理と仮想をマッピング

/btnet をアプリにする

ブラウザで /btnet/ を要求し、setup database tables をクリック。

this form をクリック

手元の setup.sql をテキストボックスに張り付けて、Execute SQL をクリック。クリックしても何もメッセージは出ないのでボタンを連打しないこと。

admin の admin で入る。

入りました。

admin のパスワードを変更しなさいと書いてあったので従いましょう。

edit をクリック。。。admin のパスワードを変更しろと言うが、他にもアカウントが大量に転がっているじゃないか!それらは大丈夫なのか?

ここでパスワードを設定してください。

install.aspx と query.aspx を削除しろと書いてあったので従いましょう。

良さそうです。使えそうです。

web 2008 導入 (36) filescrn コマンド

C:\Users\user700>filescrn filegroup del /filegroup:"My Executable"

ファイル グループを削除しますか? (はい/いいえ)y

ファイル グループを削除しますか? (はい/いいえ)y

ファイル グループを削除しますか? (はい/いいえ)yes

ファイル グループを削除しますか? (はい/いいえ)はい

ファイル グループが正常に削除されました。

 

なんじゃこりゃ!

ウソだろ!

なぜに ひらがなで「はい」と返事せにゃならんねん!

ちなみに Windows Web Server 2008 SP2 の日本語版です。

ディスク操作のコマンドで MessageBox が飛び出したりするし、ひどいや。

web 2008 導入 (35) Web Site をサーバーにアップロードする手順

Web Site の場合は .cs や .vb を含むすべてのファイルを FFFTP 等の使い慣れたクライアントで FTP アップロードするのが手っ取り早く、Visual Studio で FTP アップする理由は有りません。

ですが、あえてここでは Visual Studio の FTP 機能を使って Web Site をサーバーにアップロードする手順をメモします。

サイトを作る

New Web Site

ASP.NET Web Site

アップロードする

Copy Web Site

Connect ボタンをクリック

面倒ですね。

web 2008 導入 (34) Web Application をサーバーにアップロードする手順

Web Application の場合、.cs や .vb 等、.NET 言語のソース コードをアップロードする必要がないのですが、FFFTP 等普通の FTP クライアントを使うと、自分で取捨選択してアップロードしなければなりません。

そんなのは面倒なので Visual Studio に取捨選択してアップさせる手順をメモします。

アプリケーションを作る

New Project

ASP.NET Web Application

アップロードする

Publish

Only files needed to run this application を選ぶ。ここがポイントです。

—— Publish started: Project: WebApplication1, Configuration: Debug Any CPU ——
Connecting to ftp://ftp.test3.useiis7.net/webapps/WebApplication1/…
Publishing folder /…
Publishing folder App_Data…
Publishing folder bin…
========== Build: 1 succeeded or up-to-date, 0 failed, 0 skipped ==========
========== Publish: 1 succeeded, 0 failed, 0 skipped ==========

 

FFFTP でサーバーをみると、こんな感じで必要なファイルのみアップされています。.NET 言語のソースがアップされていないのがお分かりいただけるでしょうか。

web 2008 導入 (32) mojoPortal ブログ設定

mojoPortal のブログ投稿にコメント付けたらエラー メッセージが出る。

付けたコメント自体はきちんと反映される。

どうやら、コメント付いた際にどこかにメールを投げている模様。

メールの設定などやってないので、それでエラーになっているのだろう。

なので、メールの設定をする。

 

宛先設定

ブログ設定→管理者のeメール に、宛先メアドを設定。ここで指定したメアドにメールが届きます。

 

web.config 編集二か所

web.config の<appSettings> 近辺と <mailSettings> 近辺を書き換える。

<appSettings>

  <add key="DisableDotNetOpenMail" value="false" />
  <add key="SMTPServer" value="localhost" />
  <add key="SMTPRequiresAuthentication" value="false" />
  <add key="SMTPUseSsl" value="false" />
  <add key="SMTPPort" value="25" />
  <add key="SMTPUser" value="UserName" />
  <add key="SMTPPassword" value="UPassword" />
  <add key="SMTPTimeoutInMilliseconds" value="15000" />

 

  <system.net>
    <mailSettings>
       <smtp from="noreply@yourdomain.com">
        <network host="localhost" port="25" password="" userName="noreply@yourdomain.com" />
      </smtp>

 

参考

mojoPortal – Email Configuration

DotNetOpenMail an open source email library for asp.net

web 2008 導入 (31) Windows 2008 SP2 と mojoPortal

web 2008 に SP2 入れたら mojoPortal が動かなくなった。

コンパイル エラー メッセージ: CS0101: 名前空間 ‘Resources’ に ‘ForumResources’ の定義が既に含まれています。

 

ここに解決方法が載っている。

mojoPortal – Forums – Vista SP2 – error CS0101 The namespace

私の場合、App_GlobalResources フォルダの中の末尾が .zh-Hant.resx で終わるファイルすべてを消せば治った。