web 2008 導入 (59) ScrewTurn Wiki のバージョン アップ

ScrewTurn Wiki 3.0.0.333 を利用中。再現性のあるバグを見つけたので開発者に報告しようと思ったら、3.0.1.400 を発見。先にバージョン アップをしましょうかね。

 

バージョン アップ作業

3.0.0.333 と 3.0.1.400 を比較し、web.config の内容に変化があるか確認。。。変化なし。

じゃあたぶん簡単だ。


/webapps/_wwwroot2 フォルダを作り、そこに 3.0.1.400 のブツ (約 1,000 個のファイル) をアップロード。


w3wp.exe プロセスをストップして作業中に起動しないようにするため、アプリケーション プールをストップ。

  • /webapps/_wwwroot/web.config ファイルを /webapps/_wwwroot2/ ディレクトリにコピー。
  • /webapps/_wwwroot/ ディレクトリを /webapps/_wwwroot.old/ にリネーム。
  • /webapps/_wwwroot2/ ディレクトリを /webapps/_wwwroot/ にリネーム。

先ほど停止させたアプリケーション プールをスタート。

 
確認します。。。Your Wiki is up-to-date。。。うまくいきました。

 

ちなみに私が遭遇したバグは 3.0.1.400 では治っていませんませんでした orz

Management Studio を使いリモート DB サーバーに接続する方法

 

手元の Management Studio を使いリモートの DB サーバー (tryiis7 の DB サーバー) に接続する方法を紹介します。

 

まず最初に接続情報を確認します。


[スタート ページ] – [アカウント]

 
今回は SQLCMD.exe サンプルに注目。

 

 
Start メニューから Management Studio をクリック。


[File] – [Connect Object Explorer]


SQLCMD.exe サンプルで表示されていた情報をこのダイアログに入力して Connect ボタンをクリックしてください。
Windows Auth. ではなく SQL Server Auth. を選択すること。
tcp: や ,41433 を省略しないこと。


Object Explorer のツリーを表示し、Databases のノードを展開するとアタッチ済みのデータベースすべてが並んでいるので、ご自身の DB を探し出して操作してください。
Database ノードの下には他人の DB も並んでいますが、他人の DB には入れません。
他人の DB に入ろうとするとエラーがポップアップします。

他人の DB 存在を隠すことも可能なのですが、あちら立てればこちら立たずなトレードオフがあるので、tryiis7 では他人の DB 存在を隠すのはやめました。

以上です。

たぶん、sqlcmdbcp も使えると思います。


たぶん、SQL Server Import and Export Wizard も使えると思います。

データベースを新規作成する手順 (合わせて、不要な DB を片づける手順も)

tryiis7 サーバー上にデータベースを新規作成する手順と後片付け手順を紹介します。

データベースの新規作成


[スタート ページ] – [SQL Server] – [新しいデータベース]


データベース名を入力して Create ボタンを押すとデータベースが作成されます。以上が新規データベースを作る手順です。


FTP クライアントを使いサーバーの様子を見ると、/MsSqlDbFiles フォルダに mdf と ldf ができてます。

 

不要なデータベースを片づける手順

もし、データベースが不要になった場合は、以下の手順で片づけてください。

[スタート ページ] – [SQL Server] – [SQL Server DB]

 
デタッチされました。


FTP クライアントを使い、mdf と ldf を削除。

以上で、片づけ完了です。