web 2008 導入 (63) BugNET 0.7.942 は部分信頼な環境では動かない

BugNET という名前のバグ管理システムを見つけたのでインストールしてみます。

BugNET  Home

BugNET-0.7.942-Install.zip を手元にダウンロードして解凍。

FTP でアップロード

webapps\BugNET を /BugNET にマッピング

/BugNET を統合プールのアプリに指定

App_Data\Database.mdf を /MsSqlDbFiles/BugNET.mdf としてアップロード。

/webapps/BugNET/App_Data/Database.mdf は不要なので削除。

データベースのアタッチ

BugNET.mdf ファイルを DB_BugNET というデータベース名でアタッチ。

手元の web.config を書き換え。DB 接続文字列を変更します。その後 FTP で web.config をアップロード。

/BugNET/Install/Install.aspx にアクセス。。。エラー発生。

うーん。どうも BugNET は部分信頼だと動かないようですね。

Install.aspx problem on godaddy – Installation problems – BugNET

Reporting Functionality – General development – BugNET

あきらめます。

Microsoft.SqlServer.Management.Smo.Scripter を使って CREATE TABLE 文などを作る

成功するとこんな感じ

やりたかったのはこれ。ファーストサーバ エクスプレス 2 のデータベースから CREATE TABLE 文をぶっこ抜く。しかし失敗。orz

 

(追記)

アセンブリを GAC 登録してくれと頼もうかと思ったけど、部分信頼な環境で試すと、

[SecurityException: アセンブリは部分的に信頼されている呼び出し元を許可しません。]

が出たので、頼むのはやめる。

外国人参政権法案を通してはなりません

web 2008 導入 (62) IIS 7.0 マネージャにバグ?発見

 

ScrewTurn Wiki 3.0.2.500 が出たのでバージョン アップさせた。

やり方は

http://tryiis7.spaces.live.com/blog/cns!A57DF6C28B81A8C1!1140.entry

に書いてあるのと同じ手順で OK。

3.0.0.333 と 3.0.1.400 で発生するバグが治ってるかどうかはまだチェックしてない。

 

それより、IIS 7.0 マネージャにバグ?を発見したのでメモっておく。


(サーバー単位接続でなく) サイト単位接続してる状態で Logging のアイコンをダブルクリック。

 
右側ペインの Disable/Enable を一度クリックすると中央ペインが灰色(編集不可)になってそれ以降二度と中央ペインは編集できない!

ちなみに、サーバー単位接続している場合は Disable/Enable は期待通りに作用します。

この Disable/Enable は
<configuraion>
    <system.webServer>
        <httpLogging dontLog="false" /> ここに作用します。

HTTP Logging httpLogging  Configuration Reference  The Official Microsoft IIS Site

 

過去にメモったかもしれませんが IIS 7.0 マネージャをサイト単位接続で使うと 「Shared Hosting で使う場合、それってどうなのよ」 的な情報漏れにつながる挙動があったりします。(私が IIS のスキーマを間違って編集したわけではありませんよ。デフォルトで変な挙動するのです)