Hello world!

Welcome to WordPress.com. This is your first post. Edit or delete it and start blogging!

SNMP

Windows OS 標準の SNMP エージェントを使って CPU 利用率を取得する。

 

TWSNMP

[root@cent051 ~]# snmpget -v1 -c public xxx.xxx.xxx.xxx .1.3.6.1.2.1.25.3.3.1.2.3
HOST-RESOURCES-MIB::hrProcessorLoad.3 = INTEGER: 18
[root@cent051 ~]# snmpget -v1 -c public xxx.xxx.xxx.xxx hrProcessorLoad.3
HOST-RESOURCES-MIB::hrProcessorLoad.3 = INTEGER: 18

 

DELL Vostro 200 で 4GB メモリを認識させる


DELL Vostro 200 に Vista x64 を入れた状態。3,316MB ってどういうこと?


DELL Vostro 200 の BIOS を最新版にしたら、物理メモリの表示が 4,084MB になった。
4,096MB ではない理由 (12MB 足りない理由) は不明。
BIOS 画面でも 4,084MB と出ていたのでそういうものなのかもしれない。

vhdmount

コマンド ライン パラメータが無効です。

バーチャル ハード ディスク (VHD) をバーチャル ディスク デバイスとしてマウントするためのコマンド ライン ユーティリティ。

既定では、VHDMount により現在のユーザーの一時フォルダに復元ディスクが作成されます。マウントされたディスクへの変更はすべてこの復元ディスクに書き込まれます。ディスク デバイスを取り外す際に、/c または /d を使用してこれらの変更を適用、または破棄してください。復元ディスクを使用しないで VHD をマウントする場合は、/f オプションをを使用してください。

使用率:
    VHDMOUNT /p [/f] VHDFileName
    VHDMOUNT /m [/f] VHDFileName [DriveLetter]
    VHDMOUNT /u [/c | /d] VHDFileName | All
    VHDMOUNT /q VHDFileName | All

/p
ボリュームをマウントしないで、指定された VHD をバーチャル ハード デバイスとして追加します。

/m
指定された VHD をバーチャル ハード デバイスとして追加し、ボリュームをマウントします。

/f
復元ディスクを作成しないで指定された操作を実行します。このパラメータは、/p および /m に適用できます。マウントされたディスクへの変更はすべて指定された VHD ファイルに直接書き込まれます。

/u
指定された VHDFileName のバーチャル ディスク デバイスを取り外します。

/c
ディスクを取り外す前に、復元ディスクに保存されたすべての変更を適用して元の VHD ファイルを更新し、復元ディスク ファイルを削除します。このパラメータは、/f を使用しないで VHD ファイルをマウントした場合にのみ適用できます。

/d
ディスクを取り外した後に、マウントされたディスクへの変更をすべて破棄し、ディスクの追加を解除します。このパラメータは、/f を使用しないで VHD をマウントした場合にのみ適用できます。

/q
指定された VHDFileName にマウントしたバーチャル ディスク デバイスのディスク名を表示します。

VHDFileName
フル パスを含む VHD 名。

DriveLetter
/m オプションの任意のパラメータ。ドライブ文字が指定されている場合、そのボリュームがマウントされる際、指定されたドライブ文字から始まります。ドライブ文字が指定されていない場合、自動的に割り当てられます。

All
マウントされたすべてのバーチャル ディスク デバイスの操作に適用されます。このパラメータは /u および /q に適用できます。

Microsoft.SqlServer.Management.Smo.Scripter を使って CREATE TABLE 文などを作る

成功するとこんな感じ

やりたかったのはこれ。ファーストサーバ エクスプレス 2 のデータベースから CREATE TABLE 文をぶっこ抜く。しかし失敗。orz

 

(追記)

アセンブリを GAC 登録してくれと頼もうかと思ったけど、部分信頼な環境で試すと、

[SecurityException: アセンブリは部分的に信頼されている呼び出し元を許可しません。]

が出たので、頼むのはやめる。

外国人参政権法案を通してはなりません